97%の還元率の抱える問題を考える

97%の還元率の抱える問題を考える

換金率97%なんてところがたまにあるでしょう。 

換金率としては大変魅力的ですが、現実問題として、この換金率はまず成立しません。

クレジットカードの仕組みを知ると、こんな換金率は成立しないことが分かるでしょう。

甘い話には、ちゃんと裏があるのですから注意しなければいけません。

 

換金率は、90%と設定すると10万円で9万円戻ってきます。

70%なら、7万円となりますが、ここまでは簡単で、高ければ高いほどいいでしょう。

これが手数料となるわけですから、業者としたら、数字を小さくしたいわけです。

では、なぜ97%がだめなのかを考えてみましょう。

 

クレジットカードで決済するためには、カードリーダーが必要です。

これが決済金額に対して、15%の手数料を取られることになります。

経営ということでは、人件費も必要になるでしょう。

利益も上げなければ、やっている意味はありません。

そうなると95%なんて数値は非現実的であり、実現する意味がないのです。

仮に97%なんてことになったら、確実に赤字でしょう。

できないこというのですから、この業者は大変危険な相手です。

 

本当に仮定ですが、デパート並みにたくさんの取引きをして、高額な取引金額があり手数料を1%で抑えられたとします。

そこで、数千万円単位の現金化をしたとするのであれば利益がでるでしょう。

実際のそこまで大きくなることは、まず考えられません。

だから、読めるかどうかの小さな文字で最大で97%と書かれているのです。

 

現実的には還元率は80%前半ですので、現実を考えて選んでいきましょう。

おすすめ口コミ:http://www.genkinka-kuchikomi.link/listp/16.html



タグ :